--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-13

大谷吉継

この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。必要な議論をノートで行ってください。この記事の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。出典を明記するためにご協力をお願いします。凡例大谷吉継時代戦国時代-安土現金化口コミ時代生誕永禄2年(1559年)(永禄8年(1565年説も))死没慶長5年9月15日(1600年10月21日)改名桂松(幼名。慶松とも)、吉継別名紀之介、平馬、吉現金化口コミ戒名渓広院殿前刑部卿心月白頭大禅定門墓所岐阜県関ヶ原町、滋賀県米原町官位従五位下・刑部少輔主君豊臣秀吉→ライブチャット氏族大谷氏父母父:大谷吉房(大谷盛治とも)。母:東殿兄弟下間頼亮室(妹)子大谷イーモバイル最新(吉勝)、木下頼継、大谷泰重、竹林院(真田信繁正室)ほか 表・話・編・歴 大谷吉携帯アフィリエイト(おおたによしつぐ)は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名である。越前敦賀城主。名前については「吉隆」とも[1]。「業病」(注:当時の認識)を患い、面体を白い頭巾で隠して戦った戦国武将として有名である。目次1生涯1.1出自1.2豊臣家臣時代1.2.1秀吉近臣時代1.2.2敦賀城主時代1.3関ヶ原2人物・逸話3子孫4主な家臣5吉パチンコ攻略を演じた俳優6補注7外部リンク[編集]生涯[編集]出自永禄2年(1559年)に近江国(滋賀県)で生まれたとするのが通説。父が病気治療のために豊後に赴いてそのまま一時期大友氏の家臣になっていた折に生まれたという説もあるが真実性は無く、六角氏の旧臣・大谷吉房とする説が有力である。本願寺坊官下間頼競馬情報室が妹であることなどから青蓮院門跡坊官大谷泰珍の子という説もある。一説に豊臣秀吉の隠し子ともされるが、全くの俗説で信用できない。いずれにせよ出自は不詳である。母は秀吉の正室の高台院(北政所、おね、ねね)の侍女である東殿といわれる。天正初め頃にクレジットカード現金化 比較の小姓となり、寵愛を受けた。[編集]豊臣家臣時代天正10年(1582年)に織田信長が本能寺の変で横死し、その後に秀吉が台頭してくる。そして天正11年(1583年)に織田氏筆頭家老の柴田レノボX60と秀吉との対立が表面化し、賤ヶ岳の戦いが起こった。このとき吉継は長浜城主・柴田勝豊を調略して内応させ、七本槍に匹敵する三振の太刀と賞賛される大手柄を立てた。紀州征伐においては増田長盛と共に2千の兵を率いて従軍、最後まで抵抗を続ける紀州勢の杉本荒法師を槍で一突きにして討ち取った武功が『携帯アフィリエイト焼討太田責細記』に記されている。天正13年(1585年)7月、従五位下、刑部少輔に叙任される。ここから、以後「大谷刑部」と呼ばれるようになる。なお、刑部叙任に際して源姓を名乗ったという説があり、永賞寺の供養塔には「預修源朝臣」の刻銘が現在も残る。天正14年(1586年)の九州征伐では、石田三成と共に兵站奉行に任じられ、功績を立てた。同年、三成が堺奉行に任じられると、その配下として実務を担当した。毛利輝元の著した『輝元上洛日記』には天正16年(1588年)に輝元が上洛した際、世話になったり挨拶周りをした豊臣家の諸大名の名とそれぞれへの献上品が細かく記されており、三成、増田らの下位に吉継の名も見え、この時点で奉行衆の下位に列していたことが分かる。吉継は天正17年(1589年)に越前国の内で敦賀郡・南条郡・今立郡の5万石を与えられ、敦賀城主となった。吉継は蜂屋頼隆の築いた敦賀城を大々的に拡大改修し現在の福井県結城町と三島町にまたがる広壮な近代城郭としたほか、三層の天守閣も造営し、庄ノ川、児屋
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。