--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-16

<フェリー横転事故>会社側、撤去方法や時期明示せず(毎日新聞)

<フェリー横転事故>会社側、撤去方法や時期明示せず(毎日新聞)

 三重県南部の熊野灘で起きたフェリー「ありあけ」の横転・座礁事故で、船を所有するマルエーフェリー(鹿児島県)の有村和晃社長が14日、船の撤去方針などの早期提示などを求める県の要請に回答するため、県庁を訪れた。この日が回答の期限だったが、有村社長は「撤去業者を選定する最終段階に入っている」として、時期や方法は明らかにしなかった。

 有村社長は回答後、取材に応じ、同県御浜町の七里御浜海岸で座礁している船体の撤去について、「方法や日程などは、まだサルベージ業者から報告を受けておらず、分からない。今週中に報告を受け、来週にも地元(漁協、自治体)に諮る」と説明した。【岡大介】

【関連ニュース】
熊野灘フェリー座礁:複数波で荷崩れか 4管見解
フェリー事故:現場で解体し撤去へ 三重県庁で社長説明
フェリー事故:鹿児島の会社を4管が家宅捜索
三重フェリー座礁:プラスチック粒漂着、野鳥誤飲の恐れ
フェリー事故:重油除去の準備始まる 三重・熊野灘

コンゴ語 ~ショッピング編~
最近、きになるニュース速報
ネイルサロン
2ショットチャット
パチンコ攻略
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。