--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-11

漢方医学

提供:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動:ナビゲーション,検索ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。漢方医学(かんぽういがく)とは伝統中国医学の影響を受けた日本の医学である。伝統的診断法によって、生薬による処方を行い、病を治療する方法、もしくは、その医学大系のことを指す。これによって処方された生薬による処方を漢方薬と称す。また、漢方には、漢方薬による治療のみでなく、鍼灸や按摩、食養生などが含まれる。中国では、「漢方薬」と称することはなく、無料携帯ホームページ、湯液などと称する。漢方と称するのは江戸時代、ヨーロッパ医学を蘭方と指すことに対して、使われた医学を指す。明治時代以降は、皇方・皇漢方・和方・和漢方・東洋医学とも呼ばれた。尚、漢方医学という用語は、昭和初期に使用が始まった用語である。日本漢方という用語は、昭和後期より使用されている。『傷寒雑病論』は、『傷寒論』(しょうかんろん)と『金匱要略』(きんきようりゃく)と呼ばれる二つの経典が含まれる。目次1診察法1.1概説1.1.1気血水理論による診察法1.1.2陰陽五行理論による診察法1.2四診1.3陰陽1.4五行1.5表裏と虚実1.6気血水1.7排毒1.8西洋医学との比較2具体的な処方3歴史3.1中国大陸3.1.1古代3.1.2中古3.1.3中世3.2日本3.2.1古代~中世3.2.2中世後期3.2.3近世3.2.4近代3.2.5現代3.3その他の地域4関連項目[編集]診察法[編集]概説症状を含めたその患者の状態を証(しょう)と呼び、証によって治療法を選択する。証を得るためには、四診を行うだけではなく、患者を医師の五感でよく観察することがまず必要である。西洋医学では、患者の徴候から疾患を特定することを「診断」と呼び、これに基づいて疾患に応じた治療を行う。しかし漢方医学では、治療法を決定すること自体が最終的な証となる。例えば葛根湯が最適な症例はクレジットカード現金化 即日湯証であるという。証の分類と治療法の選択について、以下のようにさまざまな理論化がなされた。[編集]気血水理論による診察法例えば気血水理論では、気(き)人間の体の中を巡っている仮想的な「生命エネルギー」のようなもの。血(けつ)体内を巡り組織に栄養を与える。血液がそれに近い。水(すい)血液以外の体液がそれに相当する。の3つの流れをバランスよく滞りない状態にするのが治療目標になる。本ページ「気血
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。